どうして導入する?目的の明確化

マーケティングオートメーションを導入する際は目的を明確に

マーケティングオートメーションを導入することで、アナログな手法で行っていた営業活動を自動化することが可能になります。従来の営業手法では、営業マンの属人的なスキルに頼る部分が多く、担当者が不在だったり、入れ替わったタイミングなどでは、適切な対応を行えないケースも珍しくはなかったりしました。

マーケティングオートメーションを社内に構築することで、人手に頼っていた営業活動を、自動的に進めることが可能になり、集客から成約に至るまでの一連の流れを自動的に進めることが可能になります。メール配信や、サイトでの集客を用いて集めた顧客を成約に結びつけるには、自社で扱う商材やサービスに適した誘導が必要になります。導入を行なう目的を明確にしておかなくては、顧客をクルージングする導線を構築することができないのです。

手頃な料金で導入を進めることが可能

マーケティングオートメーションツールというと、導入に際して高額な費用がかかってしまうイメージがありますが、製品のなかには、クラウドシステムを用いて、低額なコストで導入ができるものも少なくはありません。少ないコストで導入できる製品とはいっても、本格的なソーシャルマーケティングを行えたり、顧客管理との連携を進めることができるものもあります。

見込み客の掘り起こしから、成約に至るまでのプロセスが自動化されることで、営業マンも本来の営業活動に専念することが可能になるものです。ツールの導入に際しては、販促効果を計測する機能を搭載しておくことも大切です。集客を行った結果、顧客がどのような行動を起こしたかを把握できれば、後の営業戦略も変わっていくからです。