道をはっきりさせよう!ターゲットの明確化

マーケティングオートメーションの概要と導入のポイント

マーケティングオートメーションというのは、企業がマーケティング活動を行うに際して、これまでマニュアル作業で行っていた定型業務や複雑な事務作業などを自動化することによって効率性を高める仕組みや、そのために利用されるシステムのことをいいます。労働生産性の向上が求められる中で、マーケティングの効率化は企業にとって死活問題となっているため、いかにこのマーケティングオートメーションをスムーズに導入するかは各社の業績に直結する重要事項なのです。もっとも、闇雲に業務を自動化してしまうとかえって柔軟な顧客対応ができなくなってしまう恐れもあることから、システムへの置換に適した業務を適切に選んでシステムを導入することが必要不可欠であると言えるでしょう。

ターゲットを明確化したうえで導入しよう

このようにマーケットオートメーションを導入する際には、自動化すべき業務を見極める必要があるのですが、それと併せてターゲットを明確化することも非常に重要となります。すなわち、自社にとってもっとも重要なクライアント層はどういった人々であるのかを明確に定義したうえで、彼らに対して適切にマーケティング活動を行うことができるツールを導入することができれば、これまで以上に効率的なマーケティングが可能になるというわけです。ターゲットを明確化するにあたっては、年齢層や男女の別だけでなく、収入レベルや居住地域など、なるべく具体的な条件を設定することがポイントとなります。ターゲットが具体的であればあるほど、そこにピンポイントでマーケティング活動を行うことができるのです。