マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングのすべてを自動化できない

マーケティングオートメーションを利用するには、導入した企業のメール配信戦略をもとにマーケティングオートメーションを設計する必要があります。マーケティングオートメーションは導入したからといって、マーケティングのすべてを自動化してくれるわけはないのです。流行りだしたから導入してみるというのは経費の無駄遣いになりかねません。

マーケティングオートメーションを利用するには、マーケティング作業のどの部分を自動化するかについてあらかじめ考慮しておく必要があります。これが社内でできない場合はコンサルを依頼することになり、追加で費用が発生してしまいます。これではマーケティングを自動化して工数を削減しようとした目的を果たせません。

効果的に使いこなせない

マーケティングオートメーションを使いこなすには、マーケティングの専門知識を持ち自社のメール戦略を理解している人材が必要です。該当する人材がいない場合は、教育を実施して人材を育するか新たな人材の採用する必要があります。人材が得られない場合は、コンサルを依頼する必要があるかもしれません。

マーケティングオートメーションを運用していくには、導入時にかかる初期費用だけでなく専任の人材の育成やコンサル利用などの費用がかかります。導入のメリットだけを期待するのではなく、マーケティングオートメーションを効果的に利用するためにかかるランニングコストについても考慮しておくこと必要です。また、関係者全員がマーケティングオートメーションで実現できることを把握しておくことも重要です。