どうして導入するの?マーケティングオートメーションが必要な理由

最新の市場環境を把握するために必要

マーケティングオートメーションを活用するメリットはいくつかありますが、分かりやすいのは最新の市場環境を把握しやすい点です。従来のやりかたでは、経営のトップが指示したことを段階を踏んで下の階層に伝えていくトップダウン方式が主流だったのです。トップダウン方式は情報の伝達速度が速いことがメリットですが、その反面として経営のトップが現状のマーケティング環境を把握していない場合意味のない商品を作ってしまい会社に損を与える場合があります。そこでパソコンを介した自動処理システムを利用することによって、現状のマーケティングを知っている人材の情報をITを活用して処理をすることによって最新の情報を社内で共有することで会社の利益を生み出します。

その他に経営資産を流用できる

マーケティングオートメーションを活用することによって得られるのは情報の共有スピードを上げるだけでなく、これまでマーケティングにかけていた予算をほかに回せることです。従来のやり方は大人数の専門家を配置して、現状の市場環境を把握することで活用するという流れになります。しかし最新の情報を手に入れるとはいえ、あまりにも多くの人員を配置してしまうと人件費のコストがかかってしまって良い商品づくりの足かせになってしまいます。その点情報の共有を専用のソフトを介して省略化することによって、これまで情報の入手と共有に使っていた人件費を抑えることができるのです。人件費を抑えることができれば、その分良い商品づくりに回せるので顧客獲得率を底上げできます。