マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションを導入する際の流れ

マーケティングオートメーションを導入することで、営業活動の一連の流れを自動化することが可能になります。サイトや、メール配信を使って見込み客の掘り起こしを進め、成約確度を高めることを目指すのが、マーケティングオートメーションを導入することにより得られるメリットです。自社が扱う商材やサービスに適した属性の顧客を集め、自然な形で成約へと持っていく営業スタイルをマーケティングオートメーションは実現します。

見込み客の掘り起こしから、興味を持たせて成約へと結びつけるためには、シナリオを事前に構築することが大切です。どの段階で成約へ結びつけていくかを決めておかなくては、メール配信による集客でも、サイトによる掘り起こしであっても、確度の高い成約には結び付けられないものです。

レポートツールを導入することも重要

マーケティングオートメーションを導入するに際しても、状況を把握する手段を事前に構築しておかなくては、思うような成果を得ることはできません。ツールを使って集客した顧客が、どの程度の割合で商材に興味を持ったかが分かれば、状況に応じたシナリオの変更を進めることが可能になります。どのような商材やサービスであっても、流行り廃りはありますから、状況に応じた変更を手軽にできる仕組みの検討が重要なのです。

レポートツールの導入により、ユーザーの行動パターンを収集することも可能になります。自社で扱う商材が、どのような層に人気なのかが把握できれば、仕入れの仕方も変わっていきます。ツールの導入の際には、レポート機能の添付を検討しましょう。